ホーム

独自の開発技術により未燃カーボンを1.0%以下に除去した新しいコンクリート用混和材。CfFAを生コンに混和することにより、単位水量の低減、ワーカビリティの向上、ポゾラン反応による長期強度発現、アルカリ骨材反応の抑制等の効果が得られ、より高品質なコンクリート構造物の建造が可能となります。廃棄物及びCO2の排出削減効果といった環境負荷低減にも寄与するCfFAは、「エココンクリート」を創りだす新しい混和材です。

公共水産試験所のオフィスにフライアッシュが利用されました。川や海にも近く、海風や災害にも強いフライアッシュを利用したコンクリートを選択されました。

 施工事例のページへ

本社 大分駅から徒歩3分 :

大分駅を出てロータリー左側沿いを約100メートル

国道10号線沿いを別府方面(左側)へ約100メートル

小幡歯科横  ガラス張り4階建てビル(1階家具店)の4階

より大きな地図で ゼロテクノジャパン を表示

代表取締役 岡田秀敏

株式会社ゼロテクノジャパンは、 「ゼロエミッション・テクノロジー(廃棄物ゼロの技術)」を目指して大分大学コンクリート工学研究室と研究開発をともに行ってきた株式会社ゼロテクノの事業化推進を担当する会社として、2010年(平成22年)に設立いたしました。平成22年12月には、CfFA事業のモデル工場として大分事業所を完成させ、翌年1月からCfFAの製造操業を開始するとともにCfFAの普及活動にも取り組み、操業開始から1年を経て漸く、トンネルや橋梁下部工等社会資本の築造や公共、民間の建築物への使用が始まるなど社会の認知を得ることができました。・・・

代表挨拶のページへ