会社案内

株式会社ゼロテクノジャパンは、「ゼロエミッション・テクノロジー(廃棄物ゼロの技術)」を目指して大分大学コンクリート工学研究室と研究開発をともに行ってきた株式会社ゼロテクノの事業化推進を担当する会社として、2010年(平成22年)に設立いたしました。
 平成22年12月には、CfFA事業のモデル工場として大分事業所を完成させ、翌年1月からCfFAの製造操業を開始するとともにCfFAの普及活動にも取り組み、操業開始から1年を経て漸く、トンネルや橋梁下部工等社会資本の築造や公共、民間の建築物への使用が始まるなど社会の認知を得ることができました。既に、今年のCfFAの予約量は現有装置のみでの対応が厳しくなるほど急増し、他地域での事業所の建設協議を進めているところです。事業は、関連事業を含め全国のあらゆる地域での起業が可能であることから事業化の進め易い地域(事業化希望地)を優先しながら全国的な事業網の確立を目指しています。
CfFAの普及により、現在の厳しいコンクリート事情の問題解決や自然環境の保全に向けた社会貢献が出来ると考えています。また、CfFAの混和により、コンクリート構造物を高耐久で長寿命にすることで財産の付加価値向上と地球温暖化ガスの削減などを成すことから、「次世代に負の遺産を引き継がせない」を実現します。皆様のご理解とご協力をお願いする次第です。

称号            ゼロテクノジャパン

設立            2009年(平成22年)3月5日

資本金          1000万円

役員            代表取締役 岡田秀敏   他2名 

従業員           3 名

所在地          本社 大分市末広町1丁目5番16号
               TEL 097-594-1110
               FAX 097-594-1109

               大分事業所 大分県豊後大野市犬飼町久原1607-2
               TEL:097-578-0004
               FAX:097-578-0014

事業内容         高品質フライアッシュ(CfFA)の製造及び販売
               微粉砕乾燥スラッジ(PDS)の製造
               CfFA普及事業に関する事業化支援

独自の開発技術により未燃カーボンを1.0%以下に除去した新しいコンクリート用混和材。CfFAを生コンに混和することにより、単位水量の低減、ワーカビリティの向上、ポゾラン反応による長期強度発現、アルカリ骨材反応の抑制等の効果が得られ、より高品質なコンクリート構造物の建造が可能となります。廃棄物及びCO2の排出削減効果といった環境負荷低減にも寄与するCfFAは、「エココンクリート」を創りだす新しい混和材です。